xmkouzakaisetusumaho

XM公式サイトから、主要経済指標をカレンダー形式で確認できます。

といった口座開設入金方法が理想的であるといえるでしょう。

万が一、銀行の振込用紙にМT4またはМT5の口座番号を記入できない場合は、МT4またはМT5の口座番号・送金額・振込明細の画像を添付し、メールにてXМへ入金報告をしてください。

口座への反映は、およそ30分〜1時間以内です。

まず入金額の10万円がクレジットカードの支払いに補填され、余剰額の10万円はクレジットカード会社の方から登録銀行口座へ振り込まれます。

続いて、カード情報の入力ページが現れます。

“Bank Wire Transfer”の出金をクリックします。

第三者名義の口座・クレジットカードからスマホで入金はできません。

XMの口座を持っている方はすでにご存知だと思いますが、GWのキャンペーンということで5万円を上限とする100%ボーナスキャンペーンを開始しました。

複数口座の使い方など詳しい詳細については、以下の記事を参考にしてください。

「カード番号」「名義」「有効期限」「カード裏面3桁の番号」を記入後、XМの手続き完了となります。

国内の銀行へ送金をするため、信頼が出来ます。

過去にも同様の既存会員にも入金ボーナスのリセットを実施しています。

カード会社側の問題では解決出来ることと出来ないことがあります。

会員ページにログイン後、以下のイメージで示されているように、メニューより、「入金」ボタンあるいは、「資金を入金する」のボタンをクリックして入金方法の選択画面に進んでください。

XM口座開設スマホ:口座番号を基準に反映

xmkouzakaisetusumaho

XMは2019年にBXONEを導入しましたが、他の海外FX会社では導入されておりません。

処理画面に移動しますのでそのままページを切り替えたり閉じたりせずに待ちます。

ある時は使用できなかったが、時間をおいたら入金できたという話も聞くので入金の可否については実際に行わないことには分かりません。

クレジットカードを利用すれば、手数料の負担一切なしで入金可能です。

銀行やクレジット会社を経由しない送金方式であることから資金はリアルタイムで取引口座に反映され即座に口座開設が完了します。

さらにボーナス付与はこの1回だけではなく、5万円を超えた分の入金金額には20%、入金が合計230万円になるまで続きます。

必ず自分名義の口座とクレジットカードをスマホで利用する必要があります。

入金額の100%が運用資金として貰えちゃいます。

XMはハイレバレッジ・豪華なボーナスが魅力的である反面、スプレッドが広いことが気になります。

負けに負けまくってFXの難しさを悟る。

今回は、最新の入出金についてご紹介していきますが、こちらではまず入金の決済手段を解説いたします。

また、bitwallet口座への入金やbitwallet口座から国内銀行口座へ出金する際は、手数料(出金時の手数料は¥824)がかかってしまいます。

JCBカード・デビットカードを利用

XMでは2020年6月現在、以下の4種類の入金方法が用意されています。

現在の取り扱い可能なクレジットカードには、AmericanExpress、JCBは含まれていません。

※CVV2/CVC2コードとはカード裏面に記載される末尾の3桁または4桁の番号を指します。

今回は入金手続きしたのに「口座に反映されない」ときに確認する事項を紹介します。

3,000円て少ないと思われるかもしれませんが十分な金額です。

bitwalletで利益分を引き出せなくなった今、消去法で考えると海外銀行送金がベストな口座開設という結論に至ります。

例えばクレジットカードで5万円入金し、トレードの結果口座資金が10万円になったとしても、クレジットカードへは5万円までしかスマホで出金できません。

XMの入金手数料は以下の通り。

入金以上の出金を行った場合は、自動的に銀行送金へと切り替えられます。

成功”とでれば、出金申請完了です。

(本来は0.5~1%程度の手数料が引かれますが、2020年2月現在は手数料無料キャンペーンを行っています。

XM口座開設スマホ:MT4 IDは口座番号

xmkouzakaisetusumaho

その為、2019年6月以降のスコアとして星3つとなりました。

そして、日本で当然の様に存在する「追証」が、ゼロカットシステムの為に有りません。

取引で発生した損益は、まず残高に反映されます。

まずは、過去のデータを検証してみましょう。

振込先の情報が出てくるので、振り込みをします。

ただし、カードブランドによっては入金ができません。

比較的VISAだとスムーズに口座開設できるようです。

当ブログに記載の情報を利用することでスマホに生じる利益または不利益につきましては、当ブログ内の情報や内容に誤りがあった場合でも一切の責任を負いかねます。

ただ私もそれは知っていて、きちんとローマ字氏名+MT4/MT5の口座番号を入力して送信したのです。

「BXONE 口座ID」と入金額(JPY)」を入力して入金をクリックします。

また出金に関しては細かいルールがあり、知っておかないといけない知識や出金方法についても詳しく解説していきます。

クレジットカード情報を入力します。

下画面が表示され、入金手続きが完了となります。

オンラインウォレット「Bitwallet」

まずはXMのマイページへログインを行います。

画面右側の“資金を入金する”をクリックします。

またクレジットカードのようにSTICPAYで直接買い物や、国境を超えた個人間の送金ができるというのが特徴です。

海外旅行中の場合など帰国してから入金するか他の入金方法を試しましょう。

上記のように残高を超える損失が発生したらクレジットから相殺されるようになっています。

これが残高です、残高は入金・トレードをして得た利益で出金が出来る金額です。

XMはすべての決済情報を受領、保存しません。

XMから入金処理完了のメールが届く。

30分~1時間ほどで資金は口座に反映される

入金手続きから、30分~1時間ほどで資金は口座に反映される。

BXONEアカウントからXM口座への手数料は無料。

XMで口座開設ボーナスを受け取ったら、入金ボーナス、5,000円キャッシュバック、ポイント全部をもれなく受け取りましょう。

また、ゼロカット対応(追証なし)ですので入金額以上の損失、いわゆる借金が発生することはありません。

公式サイトで、「資金を入金する」→「Local Bank Transfer」をクリックすると次の画面が出てきます。

トップページの「入金」、「スマホで資金を入金する」のいずれかをクリックします。

VISAカードを持っているのであれば、そちらを使った方が良いでしょう。

※以下の表は横スクロールが可能です。

海外FX会社をより安全、効率的に利用するために投資家自身が情報収集と安全性の確認に努める必要があります。

XM口座開設スマホ:楽天カードからの入金

xmkouzakaisetusumaho

給料が安かったため、不足分を補うために様々なアルバイトを経験しました。

※2019年10月更新 $500を上限とする100%の取引ボーナス – リセットのご案内 XMの魅力の一つ100%入金ボーナスがリセットされました。

例えば、もう数年前になりますが、ある日突然オンライン決済サービスのネッテラー(Netteller)やスクリル(Skrill)が日本から撤退しました。

かつて私はFX(外国為替証拠金取引)をしていました。

事前にbitwalletに資金を入金しておけば、bitwalletでの入金反映速度や手間はカード入金と変わりません。

数秒~数分で残高が増えているはずです。

カードへの出金の場合、手数料はXM側が負担してくれます。

記事に需要があるようなので今回はボーナスプログラムについて解説したいと思います。

異なる名義人のカードで入金すると、入金できないか、場合によってはペナルティが課される可能性があります。

会員ページにログイン後、会員ページTOPより「資金を入金する」をクリックします。

オンラインウォレット共通のデメリット

新たにBXONE Walletが追加されてますね。

※ XM の国内送金の入金反映時間は1時間~1営業日となっています。

以上の流れで、入金を行うことができます。

オススメしているbitwalletが良いですが、国内の銀行口座があれば入金方法一覧「localBank」から手続きを進める事で、対応可能です。

この反映スピードは海外FX業者の中でも早い方と言えるでしょう。

ちなみに「credit」はボーナスの付与になるのでボーナス対象の入金であればこのような形で記載がされます。

スイングトレードに関する内容が主。

2018の2月からアフィリエイトに再挑戦し、現在までに約70万円稼ぐことができました。

というわけで、ここからは外貨送金の手数料が安い銀行を2つ紹介します。

入金方法一覧からBXONE Walletの「入金」をクリックします。

XM口座開設スマホ:りそな・三井住友銀行

xmkouzakaisetusumaho

大きく分けると次の5つです。

こちらはクレジットカード裏面に記載されている下3桁・4桁の番号です。

下記の画像の振込先は「りそな銀行」になっていますが、XMでは「りそな銀行」と「三井住友銀行」の口座があるようです。

個人的に海外FX業者は小額で開始してハイレバを活かし、資金を増やしていくような使い方がいいと思ってるので、そのような使い方を考えている方にとってはうってつけの制度といえると思います。

BXONEで入金するうえのメリットとデメリットは以下のものがある。

送金先の銀行口座の情報が表示されます。

いずれにせよスムーズに入金できて手数料の低い入金方法を選ぶのがトレーダーにとって最も大事なポイントになることは言うまでもない。

MT4口座を開いてみましょう。

三菱UFJ銀行は全国に支店があるので、店舗に行くのもそれほど苦ではないでしょう。

クレジットカード情報を入力して、最後に「入金」をクリックします。

2~3営業日で指定の口座に反映されます。

XM口座開設スマホ:日本語も完全サポート

xmkouzakaisetusumaho

また、平日の場合は1時間ほどで口座に着金しますが、土日祝日の場合は着金が月曜日となってしまう可能性があるので注意しましょう。

国内の銀行に口座を持っている方なら、XMへの入金に特別な準備など必要ありません。

日本語も完全サポートで安心です。

入金先の銀行名(三井住友銀行)とスマホに口座番号などが表示されてますので、指定の口座に振り込み名義人の氏名(ローマ字)と口座番号を記載したうえで送金を行います。

入金方法一覧から、『Credit/Debit Cards』を選択します。

従って、XMボーナスリセットにおいては確実な情報はありません。

オンラインウォレットで入金する場合は、事前にアカウント開設が必要となります。

「確定」を選択するとスティックペイの入金画面に進みますので、ログインして入金を進めてください。

VISAカードとJCBカードでの口座開設が手数料は無料で出来ます。

入金方法一覧画面に移動します。

FXにおいてロット(LOT)=売買単位のことです。

振込人名義を変更せず振り込んでしまった場合は、サポートに連絡しましょう。

FXのNo.2と呼べるFX業者が出てくると、海外FX業界が盛り上がり、競い合ってもっと良いキャンペーンやサービスが展開されるのですが。

1万円の証拠金を用意(入金)する

入金したい金額を入力し、入金をクリックします。

最低入金額も500円からで、あらゆる入金手段で手数料無料とかなり太っ腹だ。

以下ではクレジットカードの入金を例にとって説明します。

この手のXM紹介サイトではそれぞれの利用法を事細かに説明しているところもありますが、やはりもっとも役に立つ方法を積極的に優先して利用すべきです。

ですので、海外のサイトでのカード利用に抵抗感がある人におすすめです。

ここからは入金手続きをする時の注意点を述べています。

スマホの入出金経路を一本化したい、という方には銀行入金はメリットに感じる点が多いかもしれません。

これまでの電子マネー決済となんら変わるところはありませんので、誰でも簡単に取り扱うことが可能です。

セキュリティコードを入力して入金

ここまでの説明で、XM(エックスエム)でアフィリエイトをやるための準備ができました。

ちなみにこちらは自分が送金しようとしている口座とは異なる銀行です(初回の送金は口座と送金先の銀行が同じでした)。

ここでは、ボーナスがもらえない、または全額没収となってしまう口座開設をおさらいします。

今回は、防犯上の問題もあるので、どの金融機関に振り込んだかは伏せておきます。

当サイトは、投資助言や勧誘、金融商品仲介を目的とはしていません。

入金額等を確認し決済すれば完了です。

SticPay口座に残高があれば、平日24時間いつでもスマホの取引口座に入金できるメリットがあります。

まずは、取り扱っている入金方法と、それぞれの方法の手数料や口座への反映スピードなどを、下記の一覧表で確認しましょう。

入金額が10,000以下の場合は980円が引かれた状態で口座に反映されます。

Bitwallet(ビットウォレット)口座と手数料

※出金のしかたページで詳しく説明してあります。

・海外FX会社XMの入金の手順を知りたい。

国内銀行入金は、1万円以上は手数料無料で出金も全額出すことができますが、送金に少し時間がかかる。

希望する出金額を入力、同意事項にチェックをし、「リクエスト」をクリックします。

クレカやApple Payは、大きな金額をいっぺんに移動することは難しいので、複数回に分けて入金するとか工夫が必要です。

銀行→着金後、1時間程度でXM口座に資金が反映されます。

例えば過去に10万円をカードで入金していて15万円を引き出す場合、カード入金分の10万円は入金時に使用したカードへ返金し、その後5万円は海外銀行送金もしくはbitwalletで引き出すという流れです。

ややこしいことを考える前にまずはトレードがしたい場合は、国内銀行送金で入金する手段は悪くない。

それぞれの特徴を簡単なスマホの口座開設にまとめてみました。

次にbitwalletに登録しているメールアドレスと入金したい金額を入力して入金ボタンをクリックします。

入出金のやり方はメールアドレスがあれば完了するので、非常にお手軽にできます。

入金ボタンがたくさんありますが、どの[入金ボタン]でもOKです。

英語に不慣れな方でも安心して使えるのが魅力です。

国番号は「JP」を選びましょう。

XM口座開設スマホ:3種類のボーナスを提供

xmkouzakaisetusumaho

ただし、カードの締め日とXMの返金処理にズレが生じた場合は、返金が翌月になることもあります。

それでは次に、bitwalletによる入金について解説していきます。

クレジットカードが使えない時は、利用限度額を確認しましょう。

銀行振込で10,000円以下の金額を入金する場合を除いて、他の入金方法であれば入金手数料はかかりません。

そうでないと年に2回のペースが崩れかねません。

利用できるカードを使っていたとしてもエラーが出る場合があります。

処理中の画面が表示されている間は、スマホのブラウザで戻るボタンをクリックしたりしないようご注意下さい。

MT4/MT5口座番号と入金額を口座開設します。

今回の記事では、XMのこれら5つの入金方法について、おすすめ順に注意点や特徴を解説します。

3,000円×888倍=2,664,000円にもなります。

XM口座開設スマホ:送金者名と受取人名記載

xmkouzakaisetusumaho

利益の出金にも対応していますし、何よりセキュリティ万全で他の入金方法の中でも最適でしょう。

実はXMにはまだすごくお得なボーナスが存在します。

オンラインウォレットから銀行への出金手数料として、bitwalletは412円~824円、STICPAYは出金額の1.5%+800円、BXONEは出金額の1%(最低2,000円)が発生します。

不定期ですが、入金100%ボーナスがリセットされて、復活するキャンペーンも行なっています。

このときXMの口座IDが入金予定の口座IDと一致しているか確認しておくとよいです。

もし迷っているなら無料で3000円のお試し証拠金を使ってFX取引が出来るので口座開設しないともったいないですね。

『確定』のボタンをクリックすれば、STICPAYのログインページに移動する。

ご希望の入金額を入力し、スマホで「入金」をクリックします。

一瞬、躊躇すると思いますが、確定を押しましょう。

比較的需要の高いクレジットカード

取引所の送付機能を使って、XM側から提示されたアドレスへビットコインを送ることも出来ますが、その場合振り込む際に残高を合わせなければならず、かなり面倒です。

国内銀行振り込みは、国内の銀行口座であれば基本的に使用することが出来ます。

5万円のボーナスまでは100%なので簡単にもらえますが、20%ボーナスは入金額がかなり必要になります。

自分の口座から振込先銀行への振込手数料はもちろん自分で負担しますが、私が利用しているネット銀行では月に数回の振込手数料無料サービスがあるので、実質手数料0円で入金できました。

口座開設完了後、30日以内に本人確認書類を提出することで口座の開設ボーナスが受け取れます。

STICPAYは出金時のスピードが1~2営業日と他のオンラインウォレットと比べると早いのが特徴。

XMは複数の口座を作ることができます。

※CVV2とは「セキュリティコード」、クレジットカード裏面の署名欄に記載されているクレジットカード番号の後書かれた3桁の番号になります。

それに対し、銀行送金なら20万円を全額出金できます。

海外FXは日本の業者にはない魅力がある

「2020年XMボーナスリセットはいつですか?」というお問い合わせをよく頂きます!2020年2月にボーナスリセットがあったという報告があります。

海外FXは日本のFX業者とはまた違う魅力があります。

上記の書類をそれぞれひとつ用意してアップロードすれば本人確認が完了します。

最後にロイヤルティプログラムを紹介します。

そして、銀行入金を利用する際に大事な注意点も一緒にご覧いただこうと思いますが、こちらは非常に大切ですのでよく確認しておきましょう。

取引口座に銀行入金をする場合、振込名義人を必ず、「ローマ字氏名+MT4もしくはMT5の口座番号」に変更してから送金をしなければいけません。

原則即日の反映ですが、送金の込み具合で反映までに時間がかかる場合もあります。

国内銀行送金は、スマホで1万円以上の入金で手数料が無料になります。

なお、国際銀行送金で出金する場合は2千円程度の手数料がかかりますので、1か月に何回も出金するよりは、ある程度利益がまとまってから数か月に1回程度(低頻度)出金する方が良いと思います。

ただ、海外FX業者であるXMにて銀行入金を利用するには、入金周りのルールをしっかり理解しておくべきでしょう。

銀行のほかにクレジットカードやオンラインウォレットなど複数の方法があり、迷ってしまいますよね。

特におすすめが銀行送金です。

でもそれはbitwalletからXM口座への入金の話で、bitwalletへの入金には最大15分ほど時間がかかることがあります。

ただ例外として、JCBカードでは入金に使用したカードへの出金(返金)ができなくなっており、入金額も含めて銀行送金を利用した出金となります。